灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

(自然)

六甲山系が育んだ単独登山家「加藤文太郎」と「孤高の人」

1年以上前に買ったこの小説。登山に興味があるわけでもないし、なかなかの長編。いつか…と思っていましたが、ようやく読書スイッチが入り読んでみました。 正直、この小説を読んでも登山のことはあまり良く分かりませんでした。単独で登ったり、冬山を登った…

岡本南公園の満開の桜の下で読みたい「櫻守」

桜の季節になると神戸新聞には小説「櫻守」が紹介されます。去年もそうだし、今年の新聞にも載っていたので、たぶん毎年紹介されていると思います。 桜の研究・保護に一生を捧げた笹部慎太郎氏がモデルになっていますが、小説の主人公は植木職人の弥吉です。…