読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

「灘の歴史」を読んで歩く

国土の統一へ

「灘の歴史」を読んで街歩きをしています。 第一章原始・古代の「国土の統一へ」。 大和や河内の首長がつくりあげた王権、各地方の首長がこの支配権に組み込まれると、その首長には姓(かばね・せい)と呼ばれる称号が与えられました。そして、このような氏姓…

古墳時代後期

「灘の歴史」を読んで街歩きをしています。 第一章原始・古代の「古墳時代後期」。 古墳時代後期になると、大型墓に代わって小型の群集墓、単独墓が増加。六甲山南麓の丘陵地にも多数の後期古墳がありましたが、市街化により多くが消滅したと書かれています…

古墳時代前・中期

「灘の歴史」を読んで街歩きをしています。 第一章原始・古代の「古墳時代前・中期」。 穀物の栽培、集落の発達によって共同作業が行われるようになると、貧富の差が生じて社会階層ができた。そして、埋葬にも変化が起き、三世紀半から七世紀にかけて墳墓が…

縄文時代・農耕集落の始まり・金属器の使用

「灘の歴史」を読んで街歩きをしています。 まずは第一章原始・古代の「縄文時代・農耕集落の始まり・金属器の使用」。 灘区にも縄文時代、弥生時代の遺跡はありますが、遺跡があった場所に行ってもその場所や出土したものを直接見ることはできません。しか…