読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

NHK朝ドラ「べっぴんさん」と「上品な上質」(ファミリア)

平成28年度後期連続テレビ小説は「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんの人生をモデルにした「べっぴんさん」。

 

平成28年度後期 連続テレビ小説「べっぴんさん」制作のお知らせ | 連続テレビ小説 | ドラマトピックスブログ:NHKブログ

 

 

そこで、早速、「上品な上質」を読みました(流行を先取りしようと思いまして…)。

 

 

本の内容は「ファミリア」の理念や歴史、洋服作りに対するこだわりなどが書かれています。企業本?のような感じですね。でも、神戸で生まれ、神戸の人に愛されている企業だけに面白く、グッと集中して読めました。

 

 

途中、知っておくべきお洋服のマナーで「お受験編」があって、『今どきだな~』と感じました。私の田舎では一部の人たちだけでしたが、今は小学校受験がある学校も増えているし、神戸のような都会では特に多いでしょうね。

 

 

さて、神戸に来た当初、多くの女子学生が学生鞄のサブバックとしてファミリアのデニムバックを持っていたので、「ファミリア=雑貨(小物)ショップ」だと思ってました。後に、ベビーショップと知ってからも「ファミリア=出産祝いに喜ばれるプレゼント」くらいの知識でした。

 

 

今回、この本を読んでイメージが変わりました。自社の製品にすごく愛情を込めて作られている感じをヒシヒシと感じます。すでにファミリアファンの方が読んだら、もっとファミリアを好きになると思います。

 

 

朝ドラ、楽しみです!

 

 

ちなみに、神戸が舞台のNHK朝ドラはこれが4作目ですが、2004年の「わかば」以来12年ぶりだそうです。

 

 

残念ながら、どれも見たことがありません。「べっぴんさん」こそはっ!って思うけど、あの時間帯はすでに出勤してるし、スマホじゃないし、ビデオないし…、でも見たいし…。10月までに解決策を考えなくてはっ!