読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

神戸が舞台の本を探す「神戸文学館」

神戸が舞台の本を探すのが、最近の私の流行り(?)です。

 

 

先日、「神戸文学館」に行ってきました。ここでは、神戸にゆかりのある作家や小説が紹介、展示されています。実際に(図書館のように)本を読むこともできますが、貸出しはしていません。

 

 

王子公園の隣にあり、もともと関西学院のチャペルだったところだそうです。落ち着いた雰囲気でゆっくり本を読むことができますが、ちと寒い…。寒がりの方は、ストールのような物を持っていくのをお勧めします。

 

 

神戸文学館

 

 

話は変わりますが、最近、仕事を辞めました。貯金もないのに…。そしてパートナーから「すぐに就職しないなら、お金を使わないで遊ばないとね」と。自分でもそう思っていましたが、人から言われると「イラッ」とするのは何故でしょう…。

 

 

神戸文学館は我が家から徒歩圏内だし、入館料無料なので大変重宝しています。そして、ここならパートナーにも文句を言われません!お金がない私の強い味方です。