読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

神戸の地銀はどこ?「華麗なる一族」(山崎豊子)

先日、「資産運用」に関する無料セミナーに行ってきました。投資信託会社主催なので、もちろん商品の説明もありましたが、無理強いされることもなく、楽しく勉強させて頂きました。

 

 

そのセミナーで「地銀は地方経済ために重要な役割を担ってますから、都銀だけでなく地銀にも口座を作ることを勧めしますね」とおしゃってました。

 

 

家に帰って、さっそく神戸の地銀を検索。みなと銀行?、第二銀行って何?、三井住友銀行の傘下なの?と頭が混乱してきたので、検索するのを辞めました。

 

 

地銀を活用することで地方経済の役に立てるならと思いましたが、違う形で何かできたらと思います…。

 

 

さて、いつも就寝前に本を読みますが、今まさに読んでいる本が「華麗なる一族」。舞台は神戸にある銀行。

 

 

 

 

ここに出てくる阪神銀行神戸銀行、万俵財閥は岡崎財閥がモデルではないかと言われています。山崎豊子さんは否定しているようですが…。

 

 

神戸銀行は都銀だったようですが、兵庫県を中心に店舗を展開していたので、神戸にゆかりのある銀行だったと思います。

 

 

今、神戸銀行があったら、迷わず神戸銀行に口座を開きますけどね…。

 

 

 小説の方はまだまだ最初の方ですが、今後の展開が楽しみです!