読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

六甲道にある古書店「口笛文庫」と「神戸・横浜散歩、芸備の道」(司馬遼太郎)

灘区にある古書店「口笛文庫」。本がたくさん並べられて(積み重なって?)いて、その中からお気に入りの本を探すのが私の流行りです。

 

 

以前、ここで「今度でいいか」と思った本が、次行った時なかった…という苦い経験があります。

 

 

他のお客さんに先に買われたのか、大量の本の中に紛れているのか分かりません。が、私は後者じゃないかと思って今でも探しています…。

 

 

それ以来、気に入った本は極力購入することにしています(お値段次第ですが…)。

 

 

先日、司馬遼太郎さんの本を見つけて購入。

 

 

 

 

司馬さんの本を読むことにすごく憧れていますが、難しいのであまり読んでません。

 

 

でも、今回は神戸のところだけ読もうと思ってるので大丈夫でしょう。きっと。

 

 

ところで、この古書店は所狭しと本が並べられている(&重ねられている)ので、人の後ろを通る時は皆さん声をかけてから通って行きます。

 

 

この本を購入した時、店主の方が本の整理をしいて、私の後ろを「すみません」と言って通って行きました。その数分後、小さな看板娘さんが同じ口調で「すみません」と言いながら通り過ぎて行きました。

 

 

店主さんと口調が似てて本当に可愛かったです。子供って親のことを良く見てるんだな…って思いました。