読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

神戸っ子にお勧めするエッセイ集「ここに神戸がある」(司馬遼太郎)

司馬遼太郎さんの小説を読むことに憧れますが、私には難し過ぎですぐ挫折してしまいます。今まで何冊も買ったのに、最後まで読んだのはほんの数冊です…。

 

 

しかし、先日買ったこの本。

 

 

 

 

神戸のところだけ読みました。これが面白くて「エッセイなら読めるかも…」と自信(?)が出て来ました。

 

 

さて、さて、もっと面白かったのは図書館で見つけたこの本。

 

 

 

 

月刊神戸っ子」に連載されたエッセイが1冊になった司馬遼太郎さんの追想集です。

 

 

司馬さんが神戸を巡り、神戸についてエッセイを書かれてますが、褒められてるのか?貶されてるのか?

 

 

「神戸をまるで知らない」と言いながら、その観察眼と豊富な知識で毎回面白い。

 

 

私は偽神戸っ子(よそ者?)ですが、生粋の神戸っ子が読んでも面白く勉強になるし、エッセイなのですぐ読み終わります。

 

 

お勧めの1冊です。