灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

灘区内の遺跡で出土したものを見に行こう!「神戸市埋蔵文化財センター」

「灘の歴史」原始・古代を読むと、「○○遺跡で○○が発見された」と記載されていますが、その場所に行ったり、発掘されたものをほとんど見ることができないのが残念。

 

 

 

 

 この本には灘区内の主な考古学遺跡や遺跡地図が載っているので、漠然と『この辺りで発見されたんだな…」と分かることは分かりますけどね…実物が見たい。

 

 

そこで、神戸市内の遺跡で出土したものが見学できる「神戸市埋蔵文化財センター」に行ってみました!

 

 

JR六甲道駅から約一時間弱。神戸市営地下鉄西神中央駅に到着。ここから徒歩で数分のところにある西神中央公園の中に神戸市埋蔵文化財センターがありました。

 

 

こちらが西神中央公園。

 

 

f:id:hanakobe:20170426152235j:plain

 

 

公園内には埴輪などのレプリカがたくさんあって、気分が高まります。

 

 

f:id:hanakobe:20170426152250j:plain

 

 

我が灘区で出土した「桜ヶ丘銅鐸」のレプリカもありました。

 

 

f:id:hanakobe:20170426152442j:plain

 

 

何だか誇らしい…。

 

 

そして、こちらが神戸市埋蔵文化財センター。

 

 

f:id:hanakobe:20170426152609j:plain

 

 

特別展など以外では無料です。

 

 

中にはたくさんの出土品が展示してあって、本を読んだだけではイメージできなかったものを見学することができました。

 

 

これで無料とは…。神戸市やるな…。

 

 

見学を終えて、外に出たらこんなものを見つけました。

 

 

f:id:hanakobe:20170426153306j:plain

 

 

岡本梅林古墳群で出土した石棺。

 

 

古墳が発見・調査される前は個人宅の手水鉢として使われていたとか…。急に「これは石棺です」と言われてビックリしたでしょうね…。

 

 

今度はもっとゆっくり行きたいと思います。晴れた日に西神中央公園でお弁当とか良いな…。

 

 

終わり。