灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

幻の巨大商社「鈴木商店」と「お家さん」「鼠」

大正から昭和にかけて神戸に存在した(一時は三井、三菱を抜いて日本一となった)総合商社「鈴木商店」。昭和2年の金融恐慌で破綻。

 

 

そんな鈴木商店のトップに君臨した鈴木よねさんがモデルの「お家さん」。2014年に天海祐希さん主演でドラマが放映されました。

 

 

 

 

そして、米の高騰による米騒動で焼き討ちにあった鈴木商店、その真相に迫る小説「鼠」。

 

 

 

 

神戸にあった会社なので、昔の三宮・元町周辺の様子や時代が良く分かります。

 

 

「お家さん」と違って「鼠」はルポ?ノンフィクション?(こういうジャンルをなんというか分かりません…すみません)なので、細かい数字などがたくさん出てきて、私にはとっと難しかったです。詳しく知りたいという方には良いと思います。

 

 

 

 

また、鈴木商店は大きな会社だったので、神戸のあちらこちらにゆかりの地がありますが、私が住む灘区にもゆかりの地があります。

 

 

まずは篠原北町3丁目にある「祥龍寺」。

 

 

f:id:hanakobe:20170505133742j:plain

 

 

住宅街の中にあって、とても静かなところです。

 

 

f:id:hanakobe:20170505133905j:plain

 

 

境内にある庭もとても素敵です。いつも思いますが、ここにいると心が「シーン」となるんですよ。心が洗われるって感じでしょうか…。

 

 

f:id:hanakobe:20170505133915j:plain

 

 

この門の奥に「鈴木商店」と関連のある場所が…。

 

 

f:id:hanakobe:20170505133926j:plain

 

 

f:id:hanakobe:20170505133938j:plain

 

 

それがこちら。鈴木よねさんの銅像。お寺の再建によねさんが寄付したことが縁で銅像が建てられたそうです。

 

 

f:id:hanakobe:20170505133954j:plain

 

 

金子直吉さん(直どん)、柳田富士松さん(富士どん)の頌徳碑。

 

 

f:id:hanakobe:20170505133946j:plain

 

 

(直どんの頌徳碑が葉っぱで隠れてるし…)

 

 

高畑誠一さんのお墓もありましたが、これは本当に個人のお墓だったので、写真は控えました。

 

 

 そして、もう一つ。

 

 

JR六甲道駅から徒歩8分、河原通1丁目にあるこの会社。

 

 

f:id:hanakobe:20170416065003j:plain

 

 

鈴木商店を源流にする会社はたくさんありますが、唯一「鈴木」という名前と「かね辰(たつ)」の屋号と引き継いだ「鈴木薄荷」。

 

 

f:id:hanakobe:20170416065049j:plain

 

 

 近くに行くと薄荷の良い香りがします。ちなみに、こちらの建物は昭和初期に建築され国登録有形文化財になっています。

 

 

この「鈴木薄荷」さん、もうすぐポートアイランドに移転されるようです。この場所で「かね辰」のマークが見られなくなるのは寂しい気がしますが、これが時代の流れですね…。

 

 

我が街にある鈴木商店ゆかりの地を歩くのも楽しいですよ。是非、是非。

 

 

終わり。