灘区在住日記

街をぶらぶらしながら神戸(特に灘区)の歴史を勉強中。

国土の統一へ

「灘の歴史」を読んで街歩きをしています。

 

 

 

 

第一章原始・古代の「国土の統一へ」。

 

 

大和や河内の首長がつくりあげた王権、各地方の首長がこの支配権に組み込まれると、その首長には姓(かばね・せい)と呼ばれる称号が与えられました。そして、このような氏姓制度によって国土の統一が進められていったと書かれています。

 

 

この辺りを支配していたと考えられる豪族が「凡河内忌寸(おおしこうちのいみき)」で、国玉通にある五毛天神との関連が指摘されているそうです。

 

 

五毛天神は別名「河内国魂神社」。凡河内氏が祀ったと考えられています。

 

 

f:id:hanakobe:20170505112536j:plain

 

 

先日、ここを訪れた時にお祭りをやっていて、だんじりも見ることができました!

 

 

f:id:hanakobe:20170505112528j:plain

 

 

このだんじりが始まる前、衣装を着た男性が家の前で舞を踊ったり、子供を道路に寝かせてまたいだりしてました。何かの儀式なんでしょうね。

 

 

うまく写真が撮れなかったのが残念です。

 

 

ところで、この「五毛神社」と「河内国魂神社」との関連について後の方にコラムが書かれています。これによると、この2つの神社の結びつきには疑問が残る…と。

 

 

えっ???

 

 

って感じです。

 

 

平安時代の「延喜式神名帳には摂津国莵原郡に河内国魂神社が書かれていますが、いつの間には所在が分からなくなったそうです。

 

 

江戸時代、学者の並河誠所が「五畿内志」を執筆するにあたり、五毛神社を所在不明になっていた河内国魂神社にしたと…。

 

 

あ…、なるほど。そりゃ、疑問が残ると思います。

 

 

ま…、古代の歴史ですから、少しモヤモヤがあるのも仕方がないかもしれませんね。