灘区在住日記

神戸市灘区在住、趣味の読書と日々の出来事。

「楽園のカンヴァス」の著者、原田マハさんと神戸

原田マハさんというと、この小説のイメージが強い。

 

 

 

 

2013年本屋大賞3位になりましたよね。

 

 

私もすぐ読みました。さすが美術館勤務の経歴があるだけあって詳しく、そして面白かったです。

 

 

ただ、今となってはあまり覚えていない…。(記憶力悪すぎです)

 

 

ところで、なぜ急に原田マハさんかというと、先日、知り合いから借りたこちらの本、

 

 

 

 

スピーチライターを題材にしたお仕事小説です。普段、人のスピーチってあまり聞いてないし…、面白いスピーチをする人がいても「お話上手だな…」くらいに思ってました。

 

 

でも、言葉やスピーチで人や国、世界をも変えることもできる…。すごいことなんだなって感動して、泣きました…。

 

 

久しぶりに原田マハさんの小説を読んだので、他の小説も調べていたら、神戸が舞台の小説がありました。

 

 

 

 

 次はこの小説を読んでみようと思います。