灘区在住日記

神戸市灘区在住、趣味の読書と日々の出来事。

神大生・OB、そして元球児たちへの一押し映画「アゲイン 28年目の甲子園」

神戸大学大学院の教授、准教授、そして多くの学生や院生が中心となり運営されている「マスターズ甲子園」。それがモデルになった映画「アゲイン 28年目の甲子園」。

 

 

原作は重松清さんの小説「アゲイン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

監督は「風が強く吹いている」の大森寿美雄 さん。(私は映画の途中でこの小説がチラチラ頭をよぎりました。何となく共通するものを感じますね。)

 

 

以前、週に2回は通っているお店のマスターと神戸がロケ地の映画の話をしていたら、こちらの映画を紹介してくれました。でも、途中から神戸がロケ地とか関係ないくらい感動して泣きました。ずっとずっとずーっと泣いてました。

 

 

私がもしここの学生なら、この大学に在学・卒業したことを誇りに思うし、もし元球児ならもっと感情移入して観ることができたと思います(いや、これ以上感情移入したら困る…涙が枯れそう…)。

 

 

ちなみに、どこが神戸の風景か全く分かりませんでした。でも、この作品はこれでOKな気がします。舞台がどこであっても感動しますね、きっと。

 

 

とにかくお勧め映画です。

 

 


映画「アゲイン 28年目の甲子園」予告編1 (83秒)

 

 

ところで、私も甲子園に行ったことがあります。

 

 

f:id:hanakobe:20180218004257j:plain

 

 

丁度、夏の甲子園の時期で、球場には高校球児やお客さんで一杯でした。

 

 

f:id:hanakobe:20180218004524j:plain

 

 

でも、甲子園に行った理由は手ぬぐいを買いに…。その時期、手ぬぐい集めにハマってて、甲子園の手ぬぐいがあるかも!とそちらメインで行きました。

 

 

結局、甲子園の手ぬぐいはなく、阪神タイガースのトラの手ぬぐいを買いましたけど…。

 

 

f:id:hanakobe:20180218004449j:plain

 

 

今度はちゃんと甲子園、そしてマスターズ甲子園を見に行きたいと思います!