灘区在住日記

神戸市灘区在住、趣味の読書と日々の出来事。

神戸とフランス料理とミステリー「禁断のパンダ」

最初の数ページを読んではやめるを繰り返していましたが、昨日、再挑戦(?)したら面白くて一気に読み終わりました。

 

 

この小説は第6回「このミス」大賞受賞作です。すごいですね…。

 

 

 

 

 

北野ホテルのメインダイニング「アッシュ」で修業を積み、若くして独立開業した幸太が主人公。著者自身もフランス料理店のシェフだったためか、料理の描写がすごい!フランス料理が食べたくなります(食べたことないけど…)。

 

 

そして、神戸の街も「あ~あそこか」ってイメージがわいてくるほど詳しく書かれています。ちなみに、北野ホテルの「アッシュ」は実在するレストラン。行ってみたいと思ったけど、一番安いランチでも4000円以上…。私にはちょっと難しい…。

 

 

そんなフランス料理と神戸の街並みを思い浮かべながら読んでいましたが、ラストはなかなかエグイ…。この可愛いタイトルに表紙の絵、それでこのラストか…と衝撃を受けました。

 

 

 個人的にはラストの一歩手前ぐらいで止めて欲しかった…。ラストが凄すぎて登場人物と同じくらい「オエェ~」となりましたね…。移動中や喫茶店くらいなら大丈夫だけど、素敵なホテルでの宿泊、お食事中には向かない小説ですね。

 

 

でも、小説自体はとても面白かったので、続編のこちらも読んでみようと思います。

 

 

 

 

 

楽しみです!