灘区在住日記

神戸市灘区在住、趣味の読書と日々の出来事。

神戸学生青年センター「古書市」とプチ自慢

阪急六甲駅の少し北側に神戸学生青年センターがありますが、そこで今日から古書市が始まりました!

 

 

こちらでの収益金はアジアからの学生さんの奨学金に充てられるそうです。

 

 

f:id:hanakobe:20180315153621j:plain

 

 

お目当ての本は見つかりませんでしたが、いくつか掘り出し物(!?)を買いました。

 

 

その中でも、見つけた時に思わずガッツポーズしたくなったのがこちら。

 

 

f:id:hanakobe:20180315153744j:plain

 

 

本屋さんで見かける新潮文庫細雪は上・中・下の3巻になっていますが、こちらは1冊にまとまっています。文庫本は全て100円だったので、本当にありがたい…。

 

 

さて、神戸が舞台の小説はどれも私の宝物ですが、何冊かプチ自慢したくなる本があります。

 

 

それがこちら。

 

 

f:id:hanakobe:20160427161026j:plain

 

 

石川達三さんの「蒼茫」。単行本は今でも売ってますが、文庫本は多分ないはず。

 

 

そして、こちら。

 

 

f:id:hanakobe:20180315154537j:plain

 

 

井上靖さんの「三ノ宮炎上」。全集やkindleで読むことは可能ですが、こちらも文庫本では売っていません。

 

 

 

誰かにプチ自慢したいけど、皆様そんなに興味がない…。

 

 

でも、めげずにこれからも探していきたいと思います!